PHPの定数の展開方法。定数を表示する方法。

定数を表示する方法

1.文字列演算子を使う(結合)

2.変数に代入する


定数変数のようにダブルクォーテーションで括ったりして展開表示)することが出来ません。定数printecho展開するには文字列演算子結合するか、変数代入しておいてから使わなくてはいけません。

続きを読む


カテゴリ | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PHPの定数について。「define()関数」

PHP定数

define()関数

difine(定数名,);


PHP定数を定義する時は、上記のように記述します。定数変数と違い、一度定義するとを変えることは出来ません。define()関数を使い、定数名の区切りに「,」カンマを使います。

続きを読む
カテゴリ | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PHP変数の値を連動させて変化させる「リファレンス」

リファレンス
(例)普通に記述
$a = 1;
$b = $a;
$a = 2;
print $b;→1が出力

(例)リファレンスした場合
$a = 1;
$b = &$a;
$a = 2;→連動して$bも2になる!
print $b;→2が出力


変数連動して変化させたい時にはリファレンスを作ります。「&」(アンパサンドと言います)アンド記号を使います。
続きを読む
カテゴリ | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PHP変数の配列で使える関数【unset・array_diff・array_push】

配列を破棄するunset()

要素を破棄配列を破棄

$a = array("あ","い","う");
unset($a[2]);→「う」を破棄
print_r ($a);→Array([0]=>あ[1]=>い)
unset ($a);→配列を破棄
var_dump ($a);→NULLが表示


unset()アンセット関数配列要素配列破棄する事ができます。print_r()関数は変数の情報を分かりやすく表示する事ができます。(「う」がなくなった事が確認できます)配列全てを破棄すると$aはNULL型になった事が分かります。

続きを読む
カテゴリ | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PHP配列arrayを使った多次元配列の例

array2次元配列

$a = array("tokyo"=>array(
          "上野",
          "池袋",
          "中野"),
       "osaka"=>array(
          "大阪",
          "池田")
       );

print "{$a["tokyo"][0]}";
print "{$a["tokyo"][2]}";
print "{$a["osaka"][0]}";
print "{$a["osaka"][1]}";



print "{$a["tokyo"][0]}"では上野が表示、
print "{$a["tokyo"][2]}"では中野が表示、
print "{$a["osaka"][0]}"では大阪が表示、
print "{$a["osaka"][1]}"では池田が表示されます。


続きを読む
カテゴリ | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PHPの変数の配列について(配列の名称)

配列の名称
(例)ここではaという変数にbという変数を代入して考えます
$a = "b";
$b[] = "エー";
$b[] = "ビー";
$b[] = "シー";
$b[6] = "ディー";
$b[] = "イー";
print $b[0];→「エー」が出力
print $b[2];→「シー」が出力
print $b[6];→「ディー」が出力
print $b[7];→「イー」が出力


配列は[]角括弧を使って作成する事ができます。[]には「添字」を記述します。添字の事を「キー」とも言います。添字の中身は何も記述しないと0、1、2、3・・・と割り当てられます。
続きを読む
カテゴリ | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PHP型の変換(型キャスト・strbal()関数)

型キャスト
(例)
 $a = 1.6;
 print (int)$a;
 整数型になり「1」と出力されます

strval()関数
(例)
 $a = true;
 print strval($a);
 文字列に変換され「1」と出力されます

※論理型「true」は文字列に変換すると「1」、「false」は空白文字列になります。


型名を()括弧で括りそのあとに変数を記述するとその変数変換されます。これを「型キャスト」と言います。例では$aの値に浮動小数点数型の数値1.6が代入されていますが、(int)イントで指定して整数型にキャストしたので「1」で出力されました。

続きを読む
カテゴリ | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PHP変数の任意の文字列の書き換え、表示方法

任意文字の表示
(例)
 $a = "abc";
 print "$a[0]";
 →「a」のみを出力

(例)
 $a = "abc";
 $b = "$a[2]";
 print "$b";
 →「c」を出力

(例)
 $a = "abc";
 $a[1] = "d";
 print "$a";
 →「adc」を出力

例題を見て分かる通り「[]角括弧を使うと任意文字を指定する事が出来ます。文字列は頭から「0」「1」「2」「3」と番号が当てられます。

続きを読む
カテゴリ | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PHPの変数の情報を表示する「var_dump()関数」

var_dump()関数
変数情報を表示します

(例)
  $a = 123;
  var_dump($a);

  int(123)と出力

var_dump()関数を使うと変数の情報(変数の型)を表示する事が出来ます。文字列では「string(バイト)"文字列"」、整数では「int(数値)」、浮動小数点数では「float(数値)」、論理型では「bool(true)またはbool(false)」NULL型では「NULL」と表示されます。

続きを読む
カテゴリ | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PHPの型の種類について【文字列型、整数型、浮動小数点型…】

PHPの型の種類

スカラー型

文字列型(string)
整数型(integer)
浮動小数点数型(float(double))
論理型(boolean)


というのはPHPで扱われるの性質を表すものです。データ型とも言われています。PHPでは他のプログラム言語と違いどのを使うかの宣言が不要です。使用した値によってが自動変換されます。

続きを読む
カテゴリ | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。