JavaScriptの変数について「変数は値を格納するための箱」

JavaScript変数

変数に値を代入する
変数名 = 値;

変数の宣言
var 変数名;


変数とは格納しておくための箱のようなものです。色々な計算を行うプログラムでは、この変数演算子などを使って計算を行います。

JavaScript変数は他のプログラミング言語のように宣言をする必要がありません。格納される値はそれぞれ型を持っています。例えば文字列なら文字列型、整数なら整数型などです。変数を使うときは型の宣言をすることなく使用できるので楽ですね。

変数に値を代入する時に使う「=」を代入演算子と言います。これは変数イコール右辺という意味ではなく、右辺を変数に代入するという意味になります。

変数は値を代入する前に「変数の宣言」を行うことができます。
変数宣言を行うときは「varキーワードを使います。

var 変数名;」これで変数宣言できます。
宣言してすぐは値を持っていません。変数の宣言は「,」カンマを使い複数宣言することもできます。






カテゴリ | JavaScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。