JavaScriptで文字列を表示する。document.write()文

文字列を出力

document.write("文字列");



documentというのは、文章が表示されている部分を対象とします。ブラウザ画面でいうとbody部分になります。writedocumentオブジェクトで使用できる文字列などを出力するメソッドです。

文字列を引数とする場合は文字列をダブルクォーテーション・またはシングルクォーテーションで括る必要があります。write文字列以外にも数字計算HTMLタグの記述なども行えます。

計算の例
<script type="text/javascript">
<!--
document.write(1+2);
// -->
</script>

この場合は計算結果の3が出力されます。文字列ではないのでダブルクォーテーションシングルクォーテーションで括る必要はありません。

HTMLの例
<script type="text/javascript">
<!--
document.write("<a href='http://secretaccess.seesaa.net/'>トップページ</a>");
// -->
</script>


HTMLを出力する場合、属性値などで使用するダブルクォーテーションシングルクォーテーションにして記述します。

ダブルクォーテーションの中にダブルクォーテーションを入れることはできません。






カテゴリ | JavaScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。