JavaScriptを使用するのに必要なMETAタグ

JavaScript使用に必要なMETAタグ

@文字コード設定
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">

Aスクリプト言語指定
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">


文字コードの指定はそのファイルをどの種類の文字コードで作成するかによります。文字コードUTF-8が標準化されてきているのでUTF-8で作成すれば、文字化けなどの問題はなくなるでしょう。(設定だけではなくファイルを保存する時にもUTF-8で保存します。テキストエディタで保存形式が設定できる場合は設定を確認して下さい)

スクリプト言語の指定では、これからJavaScriptを使うということを表します。CSSファイルを使う時にも、同じように指定を行いますよね。それと同じです!

ちなみにMETAタグは<head>内に記述します。






カテゴリ | JavaScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。