XHTMLの空要素の扱いについて XHTMLのルール

空要素

空要素とは、終了タグがない要素のことです。例えばヘッダに記述するmeta要素や改行を行うbr要素、画像を挿入するimg要素などがあります。

XHTMLの空要素

XHTML空要素は終了の「>」の前に半角スペースを入れ、その後にスラッシュを入れます。例えば、改行を行うbr要素の場合は<br />となります。


XHTMLでは、空要素の扱い方が少し変わるので注意が必要です。
metaタグもHTMLの書き方から変わるので、<meta ・・・ />となります。






カテゴリ | XHTML | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。