PHP関数「変数のリファレンスを使い引数を受け渡す方法」

参照渡し

function atai(&$a){
$a = "値A";
print "$a";
}

$b = "値B";
atai($b);//値Aと出力
print $b;//値Aと出力


PHP関数引数の受け渡し方のひとつ「参照渡し」を説明します。
この例ではatai()のユーザー定義関数に$bの値(値B)を値渡ししています。ユーザー定義関数atai()で「値B」で処理が行われるので「値B」=「値A」となり、出力される値は「値A」となります。

注目する点はatai(&$a)のように&アンパサンド」をつけていることです。
これで受け渡す値をリファレンスすることができます。

このような引数の受け渡し方法を「参照渡し」と言います。

よって$bは$aと同等になるので最後に出力した$bも「値A」と出力されます。




カテゴリ | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。