PHP関数「変数に関数を代入する方法」関数の利用

変数戻り値代入

function shiki($a, $b){
$c = $a*$a + $b*$b;
return $c;
}

$d = shiki(1, 2);
$e = shiki(3, 4);
print "¥$dは{$d}、¥$eは{$e}です";


ユーザー定義関数を作り、戻り値変数に代入することもできます。
例えば上の例では2つの値の2乗の和を求める関数を作り、その戻り値変数代入しています。

変数$dでは(1*1 + 2*2)
変数$eでは(3*3 + 4*4)

の値がそれぞれ代入されていることになり、
出力結果は、

$dは5、$eは25です

と出力され、5、25とそれぞれ戻り値代入されたことが分かります。


複雑な式をあらかじめユーザー定義関数で定義しておけば、変数へ簡単に戻り値代入することができて便利ですね。




カテゴリ | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。