PHP関数「戻り値・引数を持たない場合に関数について」

引数が必要ない場合

ユーザー定義関数引数が不要な場合は次のようになります

(例)
function test(){
print "テスト";
}

test();//「テスト」と出力


testというのは関数名です。関数名は何でも構いません。詳しくはユーザー定義関数で。このように引数が必要ないときはユーザー定義関数引数を省略することができます。また、処理の最後のreturn文は省略することが出来ます。

戻り値(返り値)が必要ない場合

(例)

function test($a){
print "引数は{$a}です";
}

test(1);//引数は1ですと出力


戻り値が無い場合、return文は省力できます。





カテゴリ | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。