PHP制御文「switch文」複数のケースから式に合う処理を行う

switch文

switch(式){
 case 値1:
  式が値1の場合の処理
  break;
 case 値2:
  式が値2の場合の処理
  break;
 default:
  上記の式が当てはまらない場合の処理
}


switch文ではcaseケース)という選択肢の中からに合うものを選択して処理を行う事ができます。式の値が「case 値:」と一致した時にその処理を行います。各caseの最後にはbreak文を記述します。break文を入れておかないと全ての処理を実行してしまいます。

式がどの値にも一致しない時にはdefaultの処理を行います。defaultは省略することも可能です。


「case 値:」や「default:」のコロン「:」はセミコロン「;」でもOKです。


使用例

ランダムで画像を表示する例
(画像の代わりに文字列を出力しています)

$gazo = mt_rand(1, 3);

switch($gazo){
case 1:print "画像1";
    break;
case 2:print "画像2";
    break;
case 3:print "画像3";
    break;
}


mt_rand()関数で1〜3の数字の乱数を生成しています。switch文の式の値は1〜3ランダムで選択されます。

よってこの例では画像1〜画像3までがランダムで出力されるプログラムになります。




カテゴリ | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。