PHP制御文「while文」条件が成立している間繰り返す

while文

while(繰り返しの条件){
     処理
}


while文条件が成立している間処理繰り返します。処理には変数が変わる記述が必要になります。(インクリメントするなど)処理に変数の値が変わるような式がない場合「無限ループ」になってしまいます。場合によってはパソコンやアプリケーションがフリーズしてしまう場合もあります。慎重に記述して行きましょう。

while文例

$a = 1;
$b = 0;

while($b < 100){
$b = $a + $a;
print "{$a} + {$a} = ";
print "{$b}<br>¥n";
++$a;
}


この例では、$a=1 から始まり、$a+$aの計算を繰り返す、プログラムです。$aの値は1ずつ増えるようにしていき、$bは$a+$aの値にしています。$bの値が100より大きくなった時この処理は終了します。このようにいつ処理が終わるか分からない場合にはwhile文を使います。

ちなみに例は次のように出力されます。

1 + 1 = 2
2 + 2 = 4
3 + 3 = 6
4 + 4 = 8
5 + 5 = 10
6 + 6 = 12
7 + 7 = 14
8 + 8 = 16
9 + 9 = 18
10 + 10 = 20
11 + 11 = 22
12 + 12 = 24
13 + 13 = 26
14 + 14 = 28
15 + 15 = 30
16 + 16 = 32
17 + 17 = 34
18 + 18 = 36
19 + 19 = 38
20 + 20 = 40
21 + 21 = 42
22 + 22 = 44
23 + 23 = 46
24 + 24 = 48
25 + 25 = 50
26 + 26 = 52
27 + 27 = 54
28 + 28 = 56
29 + 29 = 58
30 + 30 = 60
31 + 31 = 62
32 + 32 = 64
33 + 33 = 66
34 + 34 = 68
35 + 35 = 70
36 + 36 = 72
37 + 37 = 74
38 + 38 = 76
39 + 39 = 78
40 + 40 = 80
41 + 41 = 82
42 + 42 = 84
43 + 43 = 86
44 + 44 = 88
45 + 45 = 90
46 + 46 = 92
47 + 47 = 94
48 + 48 = 96
49 + 49 = 98
50 + 50 = 100

while文の前に変数$bの値を0と定義していましたが、上のような例の場合、条件に$bという値を使っていたので初めに定義する必要がありました。(しておかないとエラーになります。)


今回$bという変数を使いましたが実は、今回のような場合は$aだけでも記述する事ができます。
例えば次のように記述します。


$a = 1;
while($a+$a <= 100){
print "{$a}+{$a}=".($a+$a)."<br>¥n";
++$a;
}


この記述でも全く同じ結果になります。代数演算子や文字列演算子を使うとプログラムがすっきりとしますね。




カテゴリ | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。