PHP制御文「if文」(もし〜だったら)もし〜ではなかったら

if文

if(条件){
      処理
}


制御文の基本if文について説明致します。ifイフ)というのは英語の意味の通り「もし〜なら〜する」という意味です。

if文の書き方は上の例の通りです。条件には、比較演算子論理演算子を使います。条件が真「true」の場合は処理を行います。複数の処理を行う場合{}中括弧を使って囲みます。この中括弧のまとまりをブロックと言います。


条件がfalse」の場合は処理は行われません。




$a = 85;
if($a >= 80){
  print "合格";
}


この例の場合条件は80以上ということなので「合格」と出力されます。

もし変数$aが80以上なら「合格」と出力するというプログラムになります。




カテゴリ | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。