PHP比較演算子「条件成立TRUE」「不成立FALSE」

比較演算子

$a == $b  値が等しい
$a === $b 値も型も等しい
$a < $b  aはbより少ない(bは含まない)
$a <= $b aはbより少ないか等しい
$a > $b  aはbより大きい(bは含まない)
$a >= $b aはbより大きいか等しい
$a != $b 同じ型にしても等しくない
$a <> $b 同じ型にしても等しくない
$a !== $b 等しくないか違う型である


PHP比較演算子では様々な条件式を作る事ができます。条件が成立すると「ture」、条件が成立しないと「false」となります。

等しい」を表す条件式で注意しなければならないことは、等しい場合と、の両方が等しい場合の使い分けが必要です。


大なり、<小なりで、注意する事は、右辺の値は含まないという事です。右辺を含む場合は=イコールも入れて<= か >=を使いますが、この時「=>」のように逆にしてはいけません。


条件式にはそれ自体にを持っており、trueの時「1」、falseの時は「0」但し、文字列として扱う時は空白文字列となります。



カテゴリ | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。