PHPの代数演算子(算術演算子)計算の記述方法

代数演算子

「+」(プラス) 足す
「-」(マイナス)引く
「*」(アスタリスク)かける
「/」(スラッシュ)割る
「%」(パーセント)余り


PHP計算を行う演算子代数演算子算術演算子)と言います。+(足す)や-「引く」は分かると思うのですが「かける」は「*」アスタリスクを、割るには「/」スラッシュを、余りには「%」パーセントを用います。

記述例

$a = $b + $c;
$d = $e - $f;
$g = $h * $i;
$j = $k / $l;
$m = 5 % 2;


割り算ですが$lの値が「0」の時はエラーになるので注意が必要です。
%の余りですが、上の例で言うと5割る2なので、余りの1が$mに代入されることになります。

「=」イコールの扱い方ですが、左辺=右辺という意味ではなく、右辺を変数に代入するという意味になります。「=」のことを代入演算子と言います。


代数演算子は基本的には左から計算していきます。普通の計算順と同じで「かける」「割る」を優先して計算して()括弧がある場合は括弧が優先されます。







カテゴリ | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。