PHP変数の値を連動させて変化させる「リファレンス」

リファレンス
(例)普通に記述
$a = 1;
$b = $a;
$a = 2;
print $b;→1が出力

(例)リファレンスした場合
$a = 1;
$b = &$a;
$a = 2;→連動して$bも2になる!
print $b;→2が出力


変数連動して変化させたい時にはリファレンスを作ります。「&」(アンパサンドと言います)アンド記号を使います。
例のようにアンパサンドを使用してリファレンスを作っておくと連動させてを変化させる事が可能になります。


初めの例では$b = &$a;として$a = 2;として後から$aの値を変えて$bを出力しましたが、逆の場合も値は変動して変わります。


リファレンス
(例)普通に記述
$a = 1;
$b = $a;
$b = 2;
print $a;→1が出力

リファレンス
$a = 1;
$b = &$a;
$b = 2;
print $a;→2が出力


$aも$bも連動して変化している事が分かります。




カテゴリ | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。