PHP変数の配列で使える関数【unset・array_diff・array_push】

配列を破棄するunset()

要素を破棄配列を破棄

$a = array("あ","い","う");
unset($a[2]);→「う」を破棄
print_r ($a);→Array([0]=>あ[1]=>い)
unset ($a);→配列を破棄
var_dump ($a);→NULLが表示


unset()アンセット関数配列要素配列破棄する事ができます。print_r()関数は変数の情報を分かりやすく表示する事ができます。(「う」がなくなった事が確認できます)配列全てを破棄すると$aはNULL型になった事が分かります。

AにあってBに無い物を取り出す

array_diff()関数

$A = array("あ","い","う");
$B = array("あ","い","え");
$C = array_diff($A,$B);
print $C[2];


array_diff($A,$B);ではAにあってBにない要素を取り出すという事でこのように記述します。この時、取り出した添字は維持されます。この場合ですと取り出されるのは「う」なので、添字は「2」となります。

print $C[2];で出力すると「う」が表示されます。

要素追加するarray_push()

$a = array("あ","い","う");
array_push($a,"え","お");
print_r ($a);


配列要素を追加する時はarray_push()関数を使用します。例のようにarray_push($a,"え","お");のようにすることで$aの配列に「え,お」が追加されます。

print_r ($a)で出力した時にはちゃんとArray ( [0] => あ [1] => い [2] => う [3] => え [4] => お )となっています。




カテゴリ | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。