PHPの型の種類について【文字列型、整数型、浮動小数点型…】

PHPの型の種類

スカラー型

文字列型(string)
整数型(integer)
浮動小数点数型(float(double))
論理型(boolean)


というのはPHPで扱われるの性質を表すものです。データ型とも言われています。PHPでは他のプログラム言語と違いどのを使うかの宣言が不要です。使用した値によってが自動変換されます。

上で紹介しているスカラー型というのは数値文字列問わず、をひとつだけ持っている変数の事です。

スカラー型には、文字列型(string)、整数型(integer)、浮動小数点数型(float)、論理型(boolean)があります。

文字列型の値は、ダブルクォーテーションで括るなどして、文字列として扱うです。整数型の値は「100」や「+100」や「-100」などの整数を扱うです。浮動小数点数型は「0.1」「+0.1」「-0.1」などの小数点を扱う数値のです。論理型は「真(TRUE)」または「偽(FALSE)」の値を持つです。論理型の書き方は大文字・小文字どちらでも構いません。

PHPのその他の型

配列型(array)
オブジェクト型(object)
リソース型(resorce)
NULL型(null)


配列型(array)は複数の値を添字を使って扱う事ができるです。(詳しくは配列で)。オブジェクト型データの集合や、プログラムの処理オブジェクトとして扱うです。リソース型データ保存しておくファイル等の事です。このデータベースへのリファレンス参照)を保持するです。NULL型は、値を持たない型の事です。NULL型は0ではないので注意が必要です。




カテゴリ | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。