PHPで文字列を扱う方法「ダブルクォーテーション」「その他」

PHPでの文字列の扱い

"文字列" ダブルクォーテーション
'文字列' シングルクォーテーション
<<< EOD
文字列
EOD;
   ヒアドキュメント


PHP文字列を扱う時は、ダブルクォーテーションシングルクォーテーションヒアドキュメントを利用します。


それぞれ、使い方が異なります。これらを使い分けて利用します。

「"文字列"」ダブルクォーテーションの特徴
<?php
 $a = "あいうえお";
 print "$a";
?>

この場合は「あいうえお」と出力されます。

つまり、ダブルクォーテーションでは変数エスケープシーケンスが展開されます。例えば「¥n」はソース上の改行が適応され「¥"」はダブルクォーテーションを表示します。(ダブルクォーテーションの中にダブルクォーテーションは入れられないのでエスケープシーケンスを使います。)



「'文字列'」シングルクォーテーションの特徴
<?php
 $a = "あいうえお";
 print '$a';
?>

この場合は「$a」と出力されます。

つまり、シングルクォーテーションでは、変数などは展開されません。シングルクォーテーションの中にシングルクォーテーションを入れる事はできません。エスケープシーケンスは「¥'」と「¥¥」のみ使えます。


ヒアドキュメントの特徴
<?php
 $a = "サンプル";
 $b = <<< EOD
 "文字列"<br>
 '文字列'<br>
 {$a}<br>
EOD;
?>

この場合は

"文字列"
'文字列'
サンプル

と出力されます。


このようにヒアドキュメントではダブルクォーテーションシングルクォーテーションがそのまま使えます。また変数エスケープシーケンスは展開されます。どの文字列の書き方にも当てはまりますが、HTMLタグ文字列として扱われます。「変数」の部分で紹介しますが文字列の中の変数を書くときには決まりがあるので注意が必要です。上の例では変数を{$a}と記述しました。「$a<br>」と記述すると「$a<br>」を変数として認識してしまう為です。ここは変数の項目で詳しく説明します。




カテゴリ | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。