PHPで文字列を表示させる方法「ヒアドキュメント」

PHPでの文字列の表示
<?php
$a = <<< EOD
  文字列
  文字列
  文字列
EOD;


print "$a";
?>


赤字の部分がヒアドキュメントとなります。「<<<」で始まり次にラベルを記述します。このラベル任意の名前でOKです。(但し、変数名と同じく頭文字は半角アルファベットまたはアンダーバーで大文字小文字は区別されます)例ではラベル名を「EOD」としています。ラベルを記述したあとのこの行には一切他のことを記述してはいけないので注意が必要です。(タブ半角スペースコメントもダメです)全角空白を入れた場合は全角空白ラベル名として認識されます。


ラベル名を記述した次の行から文字列を記述していきます。文字列を記述する時には、半角スペースや、タブ改行など自由に使ってOKです。「""」などもそのまま記述出来るので長いHTMLタグを記述する時に便利です。またダブルクォーテーションで囲む時と同じく「変数」や「エスケープシーケンス」は展開されます。


最後に始めに記述したラベルを記述します。この時必ず行頭に記述するようにします。半角スペースやタブを入れることはできません。またラベル名の後にセミコロンを付けるのを忘れないようにします。セミコロンの後には何も記述してはいけません。(タブ半角スペースコメントもダメです)



ラベル名はルールを守れば何を記述しても良いのですが一般的に次のラベル名が多く使われますので覚えておくと役に立つかも。

EOD(エンドオブドキュメント)ドキュメント
→End Of Document

EOF(エンドオブファイル)ファイル
→End Of File

EOS(エンドオブセンテンス)文章
→End Of Sentence

EOT(エンドオブテキスト)テキスト
→End Of Text

EOL(エンドオブライン)行
→End Of Line




カテゴリ | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。