PHP文字列中に使うエスケープシーケンス「¥」の使い方

良く使うエスケープシーケンス

¥n   改行
¥"   ダブルクォーテーション
¥'   シングルクォーテーション
¥¥   \表示
¥$   $表示


PHP文字列を表示する時、「"文字列"」のように記述しますが、この中にはそのままの形では記述できない文字もあります。そのような文字には頭に「¥(エスケープ文字)」をつけます。


上記のものはよく使われるエスケープシーケンスです。「\n」は改行という事ですがこれはブラウザ上の改行ではなくソースコード上で改行を行うということです。ブラウザ上で改行を行う場合はHTMLタグを使いますので、<br>ということになります。


ダブルクォーテーションの中にエスケープシーケンスを記述する場合は特に問題はないのですが、シングルクォーテーションの中にエスケープシーケンスを記述する場合は「¥'」と「¥¥」しか使えません。(シングルクォーテーションで囲む場合はそのままの形で表示させるから)\nなどは使えません。


その他のエスケープシーケンス

¥t   タブ
¥r   キャリッジリターン
¥(   括弧
¥nnn  8進数表記
¥xnn  16進数表記





カテゴリ | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。