PHPをローカルパソコンで動かすための環境構築方法



PHPはHTMLやCSSと違いプログラムコードをメモ帳などで作成して、そのままブラウザで実行させるということはできません。PHPを動作させるには、PHPを動かすためのツールをパソコンにインストールする必要があります。

そのため、PHPを使ったホームページをアップロードして動作させるにはPHPに対応したWebサーバーを利用しなくてはいけません。無料のWebサーバーでも一部、PHPに対応した所があります(広告・制限あり)が、ほとんどが未対応です。


PHPを利用したWebサイトを作るのであれば有料のレンタルサーバーを利用した方が良いでしょう。料金が安くお勧めなのはロリポップです。★月額105円〜/容量最大30GB/機能満載! ロリポップ!レンタルサーバー ★


まず、パソコン上でPHPを動かす環境を整えてみましょう。


Webサーバーにはよくオープンソースの「Apache」、データベースには「MySQL」が利用されています。書店などに並んでいるPHPの解説書にはよく「PHPMySQL」などセットで説明解説しているものが多いですよ。

 

Apacheなどはオープンソースなのでインターネットから無料でダウンロードすることができます。PHPを動かす環境は無料で準備することができます。

このPHPを動作させるための環境をつくるためのツールとして「XAMPP」(ザンプ)というツールがよく使われます。XAMPPはインストールするだけでApacheMySQLなどをまとめてインストールすることができます。


XAMPP(Windows)インストール

XAMPP(その他のOS)インストール




カテゴリ | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。