Photoshopと同等なフリーソフト「GIMP」

image071.jpg


GIMPPhotoshop同等の力を持っているフリーソフトです。高価な市販ソフトのPhotoshopの方が確かに性能は高いですがフリーソフトでここまで出来れば十分と言えます。

GIMP2のダウンロード

GIMPでは、レイヤー機能を使って写真画像編集することができます。もちろん0から自分で制作する事もできます。他にはトーンカーブ、ヒストグラム、画像の形状からの切抜き、ブラシエディタ、パスの編集、モザイク編集、アニメーション合成などのフィルタ機能などがあります。ほとんどの画像処理はこのフリーソフトで可能になるのです。

プラグインを追加することも出来るので「GIMP」のデフォルトにはない様々な機能を追加することが出来ます。


写真・画像編集を行う時は、範囲選択レイヤーをうまく使ってみてください。



Photoshopとの違い

PhotoshopGIMPの最大の違いは色の表現方式です。PhotoshopではCMYK(CMYKカラーモデル)方式で表現しています。簡単に言えば印刷サポートされているということです。印刷では、白い紙に色を加えて表現(減法混色)します。(PhotoshopではPC画面で使用した色がそのまま印刷された色になるという事になります)

それに対して、GIMPではRGBカラー(加法混色)で色を表現しています。これは、パソコンのモニターやテレビのモニターを想像すれば良いです。真っ暗な画面に光源を加えることで色を表現しています。

GIMPは元々、WEB用の画像編集ソフトなのでWEB素材を作るのであれば全く問題はありません。ただ、印刷するとなると若干画面の色と異なりますので印刷業務には向いていないということになります。

本格的な本、雑誌等作るのであればPhotoshopを使うのが良いでしょう。個人で印刷したりする場合はGIMPで十分です。




カテゴリ | 高性能 フリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。