ホームページのテーブルレイアウトって何?

テーブルレイアウト

タイトル







テーブルレイアウトというのはHTMLタグtable要素を使ってWebサイトレイアウトする事です。テーブルセルを利用してサイトのデザインを行います。

テーブルタグを使ってホームページレイアウトすることは、W3C非推奨ですが、一応知識として知っておいた方が良いと思います。現在でもテーブルレイアウトを使っているサイトは沢山ありますし、ブログでもテーブルテンプレートというものがあります。


テーブルレイアウトはtable要素を使ってサイト全体のレイアウトを行います。テーブルのひとつのセルをブロックに見立ててサイトを構築していきます。セルの結合やテーブルのボーダーやセルの背景色等を指定してデザインしていきます。


ホームページのデザインに制限があった時代(2000年代初頭くらい?)CSSがあまり使われなかった頃にはテーブルレイアウトがよく使われていました。


もし今からホームページデザインを考えているのなら、わざわざテーブルレイアウトを使う事もないでしょう。ホームページのレイアウトは基本的にはCSSで行うからです。



テーブルレイアウトのデメリット

なぜ、テーブルレイアウトするのは良くないと言われているのでしょうか?いくつか例を挙げていきます。

  1. テーブルでレイアウトすること自体が非推奨であること
  2. 非推奨の属性があること。幅の指定や、背景色。
  3. 管理が大変
  4. SEO対策で不利
  5. 読み込みが遅い。セル結合すると特に

  6. 他にもあるかと思います。


    テーブルはもともと表を作成するための要素です。ですので、レイアウト目的で使うものではありません。次に非推奨であるため、非推奨の属性もあります。例えばalign属性、これは配置を指定する属性です。例えばalign="center"としてもブラウザによっては効果がないのです。どのブラウザでも同じように表示するには手間がかかってしまいます。

    HTMLで管理するため管理が面倒でもあります。100ページ同じレイアウトのページがあれば100ページ編集する必要になります。

    SEOで不利というのは、ホームページの表示順にHTMLを記述しなくてはいけないことです。例えば左にメニユー、上にメニューがあった場合検索エンジンは本文よりもメニューを先に読み取ることになります。CSSレイアウトを組めば、HTMLで本文を先に記述しても、メニューの位置を指定することが可能です。


    最後に読み込みが遅くなるということです。複雑なテーブルを作ればそれだけ読み込みが遅くなります。理由はテーブルのセルの中身はテーブルが読み込まれてからでないと表示されないからです。解決策としてはテーブルを複数にわけてレイアウトを組むしかないです。




カテゴリ | HTML | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。