Excel基本計算式【合計・平均・最大値・最小値】計算記号

image0367.jpg


Excelの基本的な計算式計算でしようする記号の解説を致します。

エクセルの計算式記号

「=」イコール
式の始まりに必ず必要になります。

「+」プラス
足し算で使います。

「-」マイナス
引き算で使います。

「*」アスタリスク
掛け算で使います。

「/」スラッシュ
割り算で使います。

「^」ハット
べき乗で使います。

「()」括弧
優先的に計算する時に使います。


「+」「-」プラス、マイナスについては特に説明は不要かと思います。「*」アスタリスクは掛け算の「×」の役割を果たします。例えば2×3なら、2*3となります。「/」スラッシュは割り算「÷」の役割を果たします。1÷2の場合は1/2となります。(分数で考えればOKです)


べき乗は「^」を使います。例えば2の3乗の場合は2^3となります。足し算、引き算、掛け算、割り算の式が混合している場合は括弧を使います。





次に基本的な計算式について


よく使われる計算式には「合計平均最大値最小値」が用意されています。この機能は計算式というよりもExcelの関数を利用していると思ってください。

これらの関数は、ホームタブの編集グループ(一番右)の『ΣオートSUM』と書かれたところから設定できます。『ΣオートSUM』の右に▽印があるので、選択すると他の項目も現れます。


使用したい関数が選択できたら、次に対象となるセルを選択していけばOKです。






カテゴリ | Excel 使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。