CSSスタイルシートのセレクタの種類(書き方・記述方法)

CSSでよく使う基本的なセレクタの種類

要素型セレクタ
タイプセレクタとも言う。要素名を使用。
全称セレクタ
ユニバーサルセレクタとも言う。全ての要素が対象。
クラスセレクタ
クラス名を付けた要素が対象。
IDセレクタ
ID名を付けた固有の要素が対象。
子孫セレクタ
ID名を付けた固有の要素が対象。

その他のセレクタ

子供セレクタ
親要素の直接の子要素が対象。
隣接兄弟セレクタ
隣接要素の直後に書かれた要素が対象。
属性セレクタ
ある要素のある属性が対象。


擬似クラス

:link:visited:hover:active
擬似クラスについて。リンク未訪問、訪問済み、マウスカーソルが触れた状態、クリックされた状態のスタイルを指定する擬似クラス。
focus擬似クラス
フォームが選択された時の要素の状態を指定
first-child擬似クラス
ある親要素の一番初めの子要素を指定
before・after擬似要素
ある要素の始まりと終わりに文字列・画像などを挿入する方法
first-line・first-letter擬似要素
指定した要素の始めの行と1番目の文字を対象にする






カテゴリ | CSS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。