IDセレクタの記述方法と使い方【CSSスタイルシート】

IDセレクタアイディセレクタ

要素名#ID名{宣言}
(この要素のこのID名が対象)

または、

#ID名{宣言}
(この名が付いているIDの要素が対象)


IDセレクタid属性で与えられたID名セレクタとして使用します。注意しなければならないのはID名の前に「#」シャープを付けないといけないという点です。

本来IDセレクタは頭に「*」アスタリスクを付けますが、省略することが可能なので、省略して使う場合が殆どです。


id属性で名前を付けた要素が対象になります。id属性(HTMLタグ)についての解説はこちら


IDセレクタの使い方はクラスセレクタと殆ど同じです。ただ、ID名は固有の名前を付けているはず(HTMLに複数の同じID名は付けられない)なので、『要素#id名』というセレクタの書き方を使わなくても、「#ID名」だけでを使えばOKです。


id属性はサイトレイアウトdiv要素に使われる場合が多いです。
例えばid名が次のように付けられたサイトがあったとします。

<div id="header"></div>
<div id="menu"></div>
<div id="main"></div>
<div id="footer"></div>

CSSの記述では

div#header{宣言}のように記述しなくても

#header{宣言}
#menu{宣言}
#main{宣言}
#footer{宣言}

のように記述すれば良いのです。

「header」「menu」「main」「footer」というID名は1回しか出てこないのですから。








カテゴリ | CSS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。