CSSスタイルシートによるボーダー(線)の設定(種類・色・太さ)

マージン

パディング

 要素内容 

ボーダー



要素の周りのボーダー)は設定していなくては表示されませんが、CSSスタイルシートで、線の種類太さを指定すれば、線を表示することができます。

【線の種類を変える】

border-styleプロパティ

border-style:値

border-top-style:値

border-right-style:値

border-bottom-style:値

border-left-style:値


これらのプロパティは全ての要素に使用することができます。
また、ボーダーの種類の指定は子要素へは継承されません。

値には
「solid」実線
「dotted」点線
「dashed」破線
「double」二重線 などを指定します。

「border:値」は全てのボーダーを同じ設定で指定します。
topは上、rightは右、bottomは下、leftは左、をそれぞれ指定する時に使います。



【線の色を変える】

border-colorプロパティ

border-color:値

border-top-color:値

border-right-color:値

border-bottom-color:値

border-left-color:値


これらのプロパティは全ての要素に使用することができます。
また、ボーダーの色の指定は子要素へは継承されません。

値には
色の名前「red」やRGB値「#ff0000」などを指定します。

「border-color:値」は全てのボーダーを同じ設定で指定します。
topは上、rightは右、bottomは下、leftは左、をそれぞれ指定する時に使います。

※ボーダーの色の初期値は要素の文字の色です



【線の太さを変える】

border-widthプロパティ

border-width:値

border-top-width:値

border-right-width:値

border-bottom-width:値

border-left-width:値



これらのプロパティは全ての要素に使用することができます。
また、ボーダーの太さの指定は子要素へは継承されません。

値には数値と単位、または
「thin」チン(細)
「medium」ミディアム(標準)
「thick」チック(太)
を指定します。負の値は入れられません。

「width:値」は全てのボーダーを同じ設定で指定します。
topは上、rightは右、bottomは下、leftは左、をそれぞれ指定する時に使います。

ボーダーの太さは一般的に「px」ピクセルが使われているかと思います。






カテゴリ | CSS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。