CSSとはホームページの見栄えを指定する言語です

(記述例)

p{color:red}



CSSとはホームページ見栄えを設定するための言語です。HTMLではWebページの構造を指定するのに対してスタイルシートでは文字や背景の色、配置、余白など「装飾」「デザイン」をするのに使います。

よくCSSと言われるCSSは「Cascading Style Sheets」(カスケーディング・スタイル・シート)の略です。

Cascadには「階段上に連続する滝」の意味があります。
「どういう意味?」と思われたかと思いますので解説します。

CSSスタイルシート)には継承という機能が備わっています。

★例を挙げて説明しますね。
HTMLで<p>あいうえ<b>お</b>かきくけこ</p>と記述したとします。

p要素に対してフォントが赤色になるように設定するとします。
CSSの記述ではp{color:red}となります。

そうするとb要素にはフォントの色の指定をしていないのにフォントの色が赤色になります。

あいうえかきくけこ

このように親要素で設定したスタイルを子要素にも引き継ぐ事を継承と言います。この継承の役割を「cascad」が表しています。但し、全てのスタイル継承されるわけではありません。



HTMLタグとCSSはまったく別の言語です。Webページを作る上では混在して使用しますが、言語が違うので記述方法が大きく異なります。HTMLタグの記述と間違わないように注意してください。




カテゴリ | 用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。