table要素は表を構成するブロックレベル要素です

行<tr>(→横方向のまとまり)
1行1列
1行2列
1行3列
1行4列
2行1列



3行1列



4行1列





ここではテーブルタグについて簡単に解説します。テーブル(表)についてはより詳しくHTMLの項目の方で説明させて頂きます。


テーブルとは表の事です。上のようなものになります。

● ひとつの枠の中(マス目)をセルと言います

● 横に並んでいるセルをと言います

● 縦に並んでいるセルをと言います

テーブル)の作成にはtable要素を使います

table要素ブロックレベル要素になります。


表を構成するタグは以下のようになります。


<table>
<tr>
<td>内容</td>
</tr>
</table>


td要素は列を表し、tr要素は行を表します。

列を増やす場合は<tr>から</tr>内のtd要素を追加していき、
行を増やす場合は<table>から</table>内のtr要素を追加していきます。


例えば2行3列の表の場合は

<table>
<tr>
<td>内容</td><td>内容</td><td>内容</td>
</tr>
<tr>
<td>内容</td><td>内容</td><td>内容</td>
</tr>
</table>

このようになります。


※td要素の内容にはブロックレベル要素を記述することも可能です。


テーブルタグでは、ワードやエクセルで作成する表のようにセルの結合や枠線の太さなどを変える事ができます。





カテゴリ | HTML | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。