class属性とid属性の使い方【HTMLタグ】



<div class="クラス名"

</div>


指定箇所のデザインを行いたい時にはclass属性や、id属性を利用すると便利です。

class(クラス)属性とは、要素に名前を付けることで、指定した要素全てに同じデザイン(装飾スタイル)を適応させることが出来ます。




例えばある特定のp要素とdiv要素に同じスタイルを適応させたい場合は
クラス名を「test」とした場合

<p class="test">p要素の内容</p>

<div class="test">div要素の中身</div>


こんな感じで記述します。


クラス名は複数の要素に付ける事が可能です。また複数のクラス名を利用する事ができます。

HTMLで指定したクラス名はCSSで設定することになります。

例えば上記のtestというクラスにフォントが赤という設定を行う場合はCSSを次のように設定します。


.test{
    color:red;
}


CSSの記述ではクラス名の前にドットを入れます。
セレクタは『.クラス名』となります。





クラス名は複数の要素に複数指定出来るのに対してid属性はHTML文章の中で一回のみ使用する事が出来ます。

※id属性を指定するCSS記述は『#アイディ名』となります。(シャープを使用)


グループとして取り扱う場合はclass属性を、
固有名で取り扱う場合はid属性を使用します。






カテゴリ | HTML | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。