h1〜h6要素 見出しタグの正しい使い方



<h1>見出し</h1>
<h2>見出し</h2>
<h3>見出し</h3>
<h4>見出し</h4>
<h5>見出し</h5>
<h6>見出し</h6>




※説明のために「<」と「>」が全角になっています。ご注意下さい



h1、h2、h3、h4、h5、h6要素見出しに使用するブロックレベル要素です。

<h>の開始タグで始まり、</h>の終了タグで終わります。

ブロックレベル要素なので上下に自動的に改行が入ります。

h1が最も強く、h6が最も最小の見出しになります。




h要素の使い方



h1タグはひとつのHTMLファイルに1回だけ使うことが出来ます。(重要)主に、タイトルやタイトルロゴなどに使用。h1タグの中にはインライン要素を含むことが可能なのでトップページへのリンクを入れる場合がほとんどです。タイトルにロゴを使用している場合は代替テキストに「タイトル」を記述しておくと良いでしょう。


見出しタグはSEO対策にも大きく関わっているため、しっかりと設定しておいた方が良いですよ。h2タグ以降は複数回使う事ができますが、見出しとして必要な数だけ使うようにしましょう。例えばブログの場合ですと、ブログ記事のタイトルにh2タグを、サイドバーの見出しにh3タグを使うなどします。

<h>の見出しタグをそのまま使うと文字の大きさが大き過ぎたり、小さ過ぎたりして使いたくないという方もいますが、大きさなどについてはスタイルシートで設定することになります。



また、移行型の記述方法にh要素の位置指定を行うalign属性がありますが、align属性はW3C非推奨です。ブラウザによっては反応しない場合があります。位置の指定を行う時は、スタイルシートで設定しましょう。




カテゴリ | HTML | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。