言語選択・文字コードの設定とタイトルタグの関係

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<title>タイトル</title>

</head>
<body>
</body>
</html>

※説明のために「<」と「>」が全角になっています。ご注意下さい

今回注目して頂きたいのは赤い文字の部分です。私たちは日本人なのでホームページ制作に日本語を使いますよね。しかし、ただ単に日本語を使っていては、文字化けを起こしてしまう可能性があります。


ホームページで日本語を使うにはまず言語選択をしなくてはいけません。


それがlang属性です。
ランゲージ・・・つまり言語の選択をするわけです。
<html lang="ja">これでHTML全体が日本語であることを指定します。
※jaは「japan」つまり日本語の事です。英語ならenになります。


次に文字コードを指定します。これにはmeta要素を使用します。

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=文字コード">

例ではShift_JISを使っています。
今後は「UTF-8」が世界規格となってくると思いますのでどの文字コードを使うかはよく考えてください。メモ帳などのテキストエディタでHTMLを作成する場合、メモ帳を保存するときにも注意が必要です。HTMLで設定した文字コードで保存するようにして下さい。※Shift_JISの場合はANSIで保存します。


文字コードが記述出来ればいよいよ日本語が記述できるようになります。

「タイトル」に多くの場合日本語が入るかと思います。
必ず文字宣言の後にタイトルタグを持ってきます。

META要素には、他に検索キーワードやホームページ説明文を記述するタグがありますが、これらもまた、文字コードを宣言した後で記述していきます。


タイトルタグはMETAタグの後と覚えればOKですよ。


<title>で始まり</title>で終わります。
ホームページのタイトルはブラウザのタブや上部に表示されます。またお気に入りに登録するとき表示されたり、検索結果に表示されたりするのでとても重要です。


タイトルが文字化けしない為にも挿入位置には注意してください。





カテゴリ | HTML | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。