ホームページの基本構造:文書型宣言と基本要素について

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
<html>
<head>
</head>
<body>
</body>
</html>

※説明のために「<」と「>」が全角になっています。ご注意下さい

ここでは一般的に最も多く使われているHTML4.01について解説していきます。今後HTML5へ移行していくとは思いますがまずはHTML4.01を理解する事から始める事をお勧めします。

上記のタグはHTML4.01基本構造です。1つずつ解説していきます。


@文書型宣言

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">

この部分に当たります。HTMLを記述する際必ず入れておかなくてはならない記述です。必ず1行目に記述します。文書型宣言はHTMLがどのバージョンで書かれているかを示します。この例ではStrict DTDによる記述です。Strict DTDは厳密型とも言われW3Cが推奨しているタグで記述していくことになります。


※DTD(Document Type Definition)とはHTMLの決まりを定義したものです。

厳密型の他には「移行型」「フレーム型」があります。私が厳密型を推奨する理由は以下の通りです。

● HTMLがシンプルになる(SEO対策になる)
● ブラウザが違っても表示(デザイン)が異ならない【重要】
● 推奨タグを使うことで、今後対応しやすくなる

なぜ非推奨タグが使える設定があるかについてはブラウザにて説明しております。


ではStrict DTDについて詳しく説明していきます。


まず記述方法ですが大文字・小文字が混じっていますよね?これはそれぞれ大文字は大文字で、小文字は小文字で書いたほうが良いのでこのまま覚えるようにして下さい。


!DOCTYPE』ですが文書型宣言を行うという意味です。XHTMLでは必ず大文字で書かなくてはいけないので大文字で書く癖を付けていた方が良いでしょう。DOCはワードの拡張子でもあるので覚えやすいかと思います。DOC(文章)TYPE(タイプ)で覚えられます。初めに「!」がいるので忘れずに!


html』はこの文章の最上位要素がhtmlであることを示しています。XHTMLでは必ず小文字で記述しなくてはならないので小文字で書くようにしましょう。

PUBLIC』は文書型宣言が公開されていることを示します。XHTMLでは必ず大文字で記述しなくてはならないので、大文字で記述するようにしましょう。


次に””の部分の意味です。
『-//W3C//DTD HTML 4.01//EN』 →公開識別子
『http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd』 →システム識別子
機会があればこれについても詳しく説明しようと思います。



Ahtml要素

<html>で始まり</html>で終わります。
ルート要素(最上位要素)となります。

Bhead要素

<head>で始まり</head>で終わります。ここにはホームページの情報を記述していきます。本文には表示されない、タイトルや検索キーワードなどの情報を記述します。

Cbody要素

<body>で始まり</body>で終わります。ここにはホームページの本文(表示される部分)を記述していきます。




簡単にですが以上がホームページ(HTML)の基本構造です。
記述する順番ですが必ずこの順番でお願いします。




カテゴリ | HTML | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。