【スパム】やってはいけないSEO対策。アクセスアップ失敗

やってはいけない



SEO対策を中途半端な知識で覚えると失敗する場合があります。一生懸命SEO対策していてもそれが逆効果になる場合もあるのです。



SEO対策を覚えてくると「いろんな単語を記述すれば検索されやすい」と勘違いをする人が出てきます。確かに複合ワードでヒットする確立は上がるかもしれません。しかし、関連性のない単語を並べたところで訪問者からしては迷惑な話です。検索者、全ての人に迷惑がかかります。


なぜなら関連性のない複合ワードで検索上位されたところで、ユーザーの求めている情報は提供できないからです。では絶対にやってはいけないSEO対策の例を挙げていきます。


@ キーワードを意味もなく繰り返す

キーワードはあくまで自然な文章で作成していきます。


A 文章を見えなくする(背景と同化する)

SEO対策のために意味のない色々な単語を背景と同化させる。また文字を限りなく小さくして記述するなど。


文章、キーワード面ではこれらのことを気をつけて頂きたいです。私がよく見かけるのは、県名や地名など意味もなく並んでいるものや、サイトのフッターに大量の文字を記述しているサイトです。人がよく検索しそうなワードを入れておけば確かに検索される確立は上がります。


しかし、検索されたところで内容が合致しないためユーザーはすぐに離れてしまいます。これではアクセスされたとは言えません。最悪の場合検索サイトにスパム扱いされる場合もあります。


一度検索エンジンのindexから外されると復帰するのはなかなか難しいのです。そのリスクを考えればこのような無駄なSEO対策は絶対にしないほうがいいのです。


次に被リンクの増やし方について。これも業者やツール等使えば簡単に増やすことができますが、急激なアクセスアップはやはりSEO逆効果です。出来たてのサイトがいきなりアクセス10000ヒットとかだとおかしいですよね。自然な増え方で被リンクも増やしていかないといけないのです。


SEO対策は意外と難しいのです。正しいやり方で取り組んで下さい。





カテゴリ | アクセスアップ方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

About Site(サイト案内) 概要

アクセスアップ方法・アクセスアップツールを中心に紹介しています。出来るだけ易しいサイト作りを目指したいと思います。まだまだコンテンツが少ないですが確実なアクセスアップ方法を紹介しますのでどうぞ宜しくお願いします。アクセスアップ記事以外にもWeb製作のことやiPhoneのこと。ニュースなども取り上げていきます。


◆リンク
http://secretaccess.seesaa.net/
タイトルは『Digital Life -デジタルライフ-
(テキストリンクのみです)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。